IPMA資格認証試験実施のご案内

一般社団法人プロジェクトマネジメント学会が設置する認証組織 (SPMCB: SPM Certification Body) は,世界最大のPM組織のアライアンスであるIPMA (International Project Management Association) の資格認証プログラム (Four-Level Certification System) の試験を下記の通り実施いたします.

 

1. 実施の対象

 IPMA認証試験 レベルB,C(ドメイン:プロジェクト)

 

2. 実施予定日

 2021年12月20日 筆記試験実施

 2022年1月17日 レポート締め切り 

 2022年2月28日 / 3月7日 面接実施

 〜2022年3月31日 合否通知

 

3. 受験対象者

 受験資格を満たし,且つ以下の前提に同意いただける方

・試行期間であることをご理解のうえ試験実施に協力頂ける事

・受験者数が制限されるため申込をいただいても受験をお断りする可能性がある事

 

4. 受験料

 

IPMA Level

会員

非会員

B

¥32,000

¥55,000

C

¥16,000

¥30,000

 お支払い方法は,別途ご連絡いたします.

 

5. 受験手続き

IPMA資格認証プログラム運営事務局あてに受験希望の旨メールを送付してください. 受験者には申込書類を返信にてお送りします.

・申込期限:2021年11月15日

 

6. IPMA資格認証プログラムの概要

6-1. IPMAの資格認証プログラム

プロジェクトマネジメント力を知識とプロジェクトの運用経験から,客観的かつ総合的に評価し,Level AからLevel Dの4段階で認証(Four-Level Certification)する制度です.
評価基準はIPMA ICR (International Certification Regulations)で定義されており,世界で統一された基準でPM力を測ることができます.

今回の試験の対象は以下の通りです.

 

 ドメイン

IPMA Level

試験

レポート

面接

Certified Senior Project, Program, or Portfolio Manager

B

論述式(3h)
*1

あり

あり

Certified Project Manager

C

論述式(2h) *1

あり

あり

*1 試験へのICBドキュメントの持ち込みは可

 

6-2. 受験資格

各認証レベルごとの応募資格は以下の通りです.詳細につきましては,IPMA ICRを参照ください

 

タイトル

IPMA Level

PM実務経験

評価対象のプロジェクト経験

Certified Senior Project Manager

B

5年以上

直近8年以内にプロジェクトマネージャとして最低5年の経験が必要であり,
5年のうち最低3年は複雑なレベルのプロジェクトマネージャ経験が必要.

残りの2年は,中程度に複雑なプロジェクトでプロジェクトマネージャ,
または複雑なプロジェクトでプロジェクトマネージャの補佐をした経験が必要

※エビデンス期間は条件を満たせば4年延⾧可

Certified Project Manager

C

3年以上

直近6年以内に中程度に複雑なプロジェクトマネージャとして最低3年の経験, 

または複雑なプロジェクトでプロジェクトマネージャの補佐として最低3年の経験が必要 

※エビデンス期間は条件を満たせば4年延⾧可 

 

7. ご意見・お問い合わせ

・一般的なご質問は,IPMA資格認証プログラム運営事務局までお問い合わせください.

・受験結果に関する照会・ご意見等は,Appeals and Complaintsを確認の上,IPMA資格認証プログラム運営事務局までメールにてお問い合わせください.

・IPMA資格認証プログラム運営事務局  spm_cb@spm.or.jp

 

ダウンロード 

  ICR Public版, the IPMA International Certification Regulations

  ICB4, the IPMA Individual Competence Baseline(外部サイト)

  Code of Ethics

  Appeals and Complaints

 

IPMA 資格認証プログラムの運用に関するプライバシーポリシー

   プライバシーポリシー