中部支部について

DXに向けてプロジェクトマネジメントもトランスフォーメーション(変革)を

 

 プロジェクトマネジメント(PM)学会中部支部は,2008年11月の中部支部設立準備シンポジウムをスタートとして2009年1月に発足しました.初代支部長 松井信行に続き,山本孝司,岩田彰,山本修一郎,青山幹雄と続く各支部長のもと,中部地域におけるプロジェクトマネジメント技術の普及と人材育成に努めて参りました.

 中部地域は自動車産業,航空産業を始め,多くの製造業が立地し,わが国のものづくりの中核を担ってきました.このようなものづくりをはじめ,わが国の全産業も,DX(デジタル変革)に直面する中,新型コロナ,国際紛争等によりその取り組みの加速化が必須となっています.

 中部支部では2019年のシンポジウムにおいて「ITシステム『2025年の崖』とDXの本格的な展開」といテーマでDXを取り上げ,いち早くDX関連の取組をスタートさせました.DXに向けてプロジェクトマネジメントも”トランスフォーメーション(変革)”を求められれていると認識しています.

 そういったことへの対応も含めてプロジェクトマネジメント学会中部支部では,プロジェクトマネジメント学会本部と連携し,新たなるプロジェクトマネジメントの方法論・技術の普及,人材育成などを通して,中部地域の皆様の様々な課題の解決に役立つ取組みを進めて参ります.

 

皆様方の一層のご支援とご協力をお願い申し上げます.

 

2022年6月

                                 プロジェクトマネジメント学会 中部支部

                                           支部長 太田 知良

 

 1.発足年月日 :2009年1月1日

 2.活動対象地域:愛知県,三重県,岐阜県,静岡県,長野県

 3.活動計画概要

      ・支部研究会の開催

      ・トワイライトサロンの開催

      ・支部シンポジウムの開催

      ・本大会への参加や他支部との交流

      ・中部地区におけるプロジェクトマネジメント学会のPRと会員の増加活動

 4.中部支部に属する会員数(2022.6.1現在)

    正会員 61人, 学生会員 3人, 法人会員 6会社・団体

 5.支部役員

    支部長   太田知良(NTTデータ東海)

    副支部長  松田信之(中電シーティーアイ)

    支部幹事  大日方篤(ソフトテックス)

          鈴木聡

          吉田則裕(立命館大学)

          古畑慶次(デンソー)

          浜口孝司(名古屋工業大学)

          倉下亮(名古屋国際工科専門職大学)

 

  プロジェクトマネジメント学会中部支部 支部会則