論文要旨(Abstract)一覧

TDDベースの高品質アジャイルにおける品質管理プロセス構築事例

掛川 悠,大貫 正也


ビジネス環境の変化に伴い、従来ウォーターフォール(以降、WF)型の開発が主流であった大規模ミッションクリティカルシステムにおいてもアジャイル開発へのシフトが進んでいる。こうしたミッションクリティカルシステムにおけるアジャイル開発では、柔軟性、アジリティといったアジャイルのメリットを享受しつつも、WFと同等の品質を求められる、いわゆる品質重視のアジャイル開発になることが多い。筆者の所属プロジェクトにおいては、ミッションクリティカルシステムならではの高品質を維持しつつ、柔軟性、アジリティ、そして生産性を高次元で両立させる開発としてテスト駆動開発(以降、TDD)をベースとしたアジャイル開発を行っている(以降、TDD高品質アジャイル)。ところが、アジャイル開発における品質管理手法は未だ確立されておらず、それはTDD高品質アジャイルにおいても例外ではない。そこで、該当の開発プロセスの特徴を見極めた上で、TDDやアジャイル開発のアジリティ、生産性を阻害せず、同時に高品質を実現するための品質管理プロセスを構築した。本論文では、実案件への適用事例を通じて、該当品質管理プロセスの設計思想、具体的な分析観点・タイミングを実際の帳票を交えて説明するとともに、その有効性について言及する。


プロジェクトマネージャー育成に関する施策,および検証

井川 大介


我々システムエンジニアがシステム開発を行う現場では,昨今,プロジェクトマネージャー(PM)人材の不足,それによる事業拡大機会の損失という話をしばしば耳にする.我々の職場でも同様であり,今後,競争を勝ちぬいていくためには,PM育成によるPM不足の解消が重要である.しかし,PM育成には時間がかかるとともに,育成方法についても確立された手段があるわけではない.本稿では,実践したプロジェクトマネージャーの育成方法について考察する.


ミッションクリティカルシステムを支えるプロジェクトマネジメントの仕組み

佐藤 茂弘


近年,ITシステムはシステムのオープン化やクラウドの利用拡大で市場が拡大している.一方,少子高齢化やIT技術の急速な進歩により,最新のIT技術を扱う人財が常に不足している状況にある.基幹システムなどのミッションクリティカルなシステム開発では,実現すべき要件は,より高度で複雑となり多くの関係者が携わることから,高いマネジメントスキルが要求される.多くのプロジェクトマネージャーがプロジェクトマネジメントの知識体系であるPMBOKを学習し,基本的な知識を得ている中,QDCを守れない問題プロジェクトは発生している.また,単にプロジェクトを管理するだけではなく,いかに付加価値を提供できるかも大事になってきている.そこで,プロジェクトを成功に導く為に,高い作業品質を確保するプロジェクトマネジメントの仕組みを整備し,この仕組みを使ってプロジェクトメンバーが作業を行える取り組みを行った.その結果,プロジェクトメンバーはその効果を実感し,この取り組みの有効性を確認できた.本稿では,高い作業品質を確保するプロジェクトマネジメントの仕組みについて述べる.


一括契約から多段階契約への移行を促す要件定義プロセスの考察

高橋 玲児


本研究では,インフラ系システム構築プロジェクトの契約形態における一括契約から多段階契約への移行を促すアプローチについて考察する.インフラ系のOT(Operational Technology:制御技術)システムでは,物品購入の発注形態に準じて一括契約が長く適用されてきた.プロジェクトのリスク回避や効率化の観点から,多段階契約が望ましいとされているが,一括契約に慣れ親しんだ発注者側が移行に消極的な場合もある.本研究では,要件定義プロセスを中心に,発注者と受注者が円滑にプロジェクトを進行させるための実践的なアプローチを考察する.具体的には,発注者側が一括契約に慣れ親しむ理由の分析や,発注者に対する多段階契約のメリットの説明などを検討する.本研究の成果は,発注者と受注者の間での円滑なコミュニケーションを促進し,一括契約から多段階契約への移行の成功に寄与することが期待される.


ファストトラッキング時の雁行開発リスク低減手法の提案
- プロセスマイニング技術による業務間疎結合の定義 -

溝渕 隆,三宅 敏之,仁尾 圭祐


プロジェクトに遅延が発生した際の代表的なリカバリ手法としてよく知られているものに「クラッシング」と「ファストトラキング」の2つがある.日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)によると,システム開発プロジェクトにおける最適な工期は「投入人月の立方根の2.4倍」といわれており,クラッシングによる投入人月の増加は工期の延長につながる場合もある.そのため,システム開発プロジェクトの遅延のリカバリ手段としてファストトラッキングが用いられることが多い.ファストトラッキングでは直列にスケジュールされたタスクを並列化することで期間短縮を行うが,タスク間の関係性を見誤り業務的な依存関係のあるタスクを並列化してしまったことで期待した効果を発揮できず,手戻りや品質問題を引き起こしてしまうプロジェクトは後を絶たない.そこで本論では,プロセスマイニング技術を活用することで,タスク間の業務的な依存関係を明確にし,並列化可能なタスクを適切に選定することで,システム開発におけるファストトラッキング時のリスク低減手法を提案するものである.


五月雨開発における早期品質確保施策と技術者育成

植野 晃成,廣滝 祐二,須藤 智子,正木 聡和


製品パッケージ適用システム開発の場合、顧客要件に対応し、機能ごとに製品パッケージへのアドオン/カスタマイズを行う為、ウォーターフォールモデル開発を前提としているものの、開発工程(詳細設計工程~単体テスト工程)において、機能ごとに詳細設計工程~単体テスト工程を推進する開発モデル(五月雨開発と定義)となるケースが多い。五月雨開発の品質確保では、各開発担当者力量と成果物品質の評価を、早期かつ適切な品質評価対象選定を行い、実行することが重要である。本稿では、五月雨開発における各開発担当者力量評価、早期かつ適切な品質評価対象選定に関する施策と、施策推進による副次効果としての技術者育成について、事例を元に考察する。